カウンター アクセスカウンター

私たちのこと of 枡田農園

HOME > 私たちのこと

百姓・新米猟師

枡田 一洋 kazuhiro masuda

2010年「奇跡のリンゴ」に衝撃を受け、
10年以上のサラリーマン生活から一念発起
自然栽培の百姓になるために羽咋の限界集落に移住ました。

2011年から木村秋則さんや熊田主任研究員に
自然栽培を学びながら、羽咋市役所自然栽培係として
「木村秋則 自然栽培実践塾」の運営、
自然栽培の米づくりの実践をさせて頂きました。

2012年4月より「議論より実践」を理念に
Original villageの屋号で自然栽培の百姓として新規就農しました。
2015年より屋号を枡田農園に改め
ハウストマト栽培に力を入れていきます。

私たちは、生きるうえで大切なところは
人任せではなく自分達でつくりだしていければと思っています。

そして時々波乗りも楽しみます。

野菜のお世話、自家採種、狩猟、薪仕事、
HP・ブログの管理人がお仕事です。

枡田一洋.jpg

枡田農園の家族たち

ママ:野菜・果樹を使った加工品をつくること、デザイン全般がお仕事です。

看板娘:野菜をおいしく食べることがお仕事です。

くろみつ・はちみつ:猪から畑を守ることがお仕事です。

IMG_3311.jpgIMG_3232.jpgIMG_3244.jpg

272265_133606653387851_6518533_o.jpg

最初の出会い

木村秋則さんに初めてお会いしたのは脱サラして間もない、2010年1月の新潟での講演会。その時に自然栽培をしますと宣言。木村さんは「とにかく穴を掘りなさい」と教えてくれました。ここから始まりました。

生産者.jpg

スタートライン

木村秋則さんに初めて会ってから3年後に私たちの野菜を品評して頂けました。
ようやくスタートラインに立てた日です。

枡田農園ホームページ.tif










IMG_1203.jpg枡田農園のお取り寄せ

IMG_6627.jpg野菜のお話

IMG_2080.jpg加工品